住宅展示場ってどんなところ?

住宅展示場についての情報サイト

このサイトでは、理想の住まい探しをしている人に欠かせない住宅展示場の活用法を紹介しています。
実際に訪れる前に準備しておきたいことや、いくつもの展示を巡る際に重視すべきポイントなど、より効率的にイメージを具現化し絞り込めるようなお得情報が満載です。
ただ闇雲に訪れても、時間を無駄にしたり見定めるべきチェックポイントを見逃してしまうこともあります。
マイホームをお考えならまずは展示場の魅力や注意点、やるべきことなどをあらかじめ知っておくことが大切です。

自分たちの理想の住まいを探している?それなら住宅展示場をお得に活用しよう!

自分たちの理想の住まいを探している?それなら住宅展示場をお得に活用しよう! 本格的にマイホームを考えた場合、住宅展示場を見に行く人も多いのではないでしょうか。複数のメーカーのモデルハウスを一度に比較できるところや、自社のモデルハウスを展示しじっくり見学できるところなどがあり便利です。住宅展示場では、実際に目で見て体感することができるためイメージをより明確にすることができます。そのモデルハウスの特徴、デザイン性や外観に加え、エコや省エネといった外せない性能についても知ることができます。使用する素材や収納力のチェック、コストや住宅ローンの質問や相談まで出来るなど多くの最新情報を得ることも可能です。そのためには事前にインターネットや専門誌で情報収集しておくことが欠かせません。より客観的に見極めることにつながります。実際に生活した場合を想像し、動線や機能性、設備の仕様や安全性なども確認しておきます。理想の住まいを探すために、住宅展示場を賢く利用することは不可欠です。

住宅展示場は理想的な家づくりを実現させるために便利

住宅展示場は理想的な家づくりを実現させるために便利 家づくりを行う人は、住宅展示場で様々な住宅メーカーが提供するサービスをチェックすることができます。絶対に家を買うことに決めている場合は、わざわざ足を運ぶ意味がないと思うかもしれませんが、住宅展示場は理想的な家づくりのために便利なものです。住宅展示場では各住宅メーカーが自信を持っている設計や工法の住宅、デザインや設備などをチェックすることができます。どのメーカーに依頼すればどのような仕上がりになるのか確かめることができるでしょう。その上、スタッフに直接話を聞くことができます。スタッフの対応が良いかどうか確認するだけでなく、公式ホームページやカタログから知ることができなかった気になる内容も質問することが可能です。住宅展示場に行くことによって、自分たちの家に対するアイデアがわくこともあります。このように、たくさんの魅力があるので住宅展示場は便利です。依頼するサービスの質が悪かったり、十分なアイデアを持たないまま計画を進めたりすると、理想的な家に仕上がらない可能性があります。家を建てることや依頼したいメーカーが決まっている場合でも、住宅や対応の品質をチェックしたり、マイホームのイメージづくりを行ったりするために利用してみてください。

住宅展示場のモデルハウスは中古で販売されることもある

住宅展示場は、主にハウスメーカーが建てたモデルハウスの見学ができる施設で、注文住宅で家を建てたい人がそれぞれの会社の特徴や家へのこだわりを確認して、施工会社を決めるときに見学したり、既に施工会社が決めているけれども家づくりのアイディアが欲しいときなども住宅展示場に訪れる人も少なくありません。
家の規模は多くのお客さんが訪れる関係から大きめになっていますが、家づくりのアイディアの宝庫でもあり見学することで新しいアイディアを得ることができたり、最新式の設備を直接目にしたり触れたりできるなどの魅力を持ちます。なお、このようなモデルハウスは中古の形で販売が行われることも少なくありません。住宅展示場に建てた家も、役目を果たしたら取り壊しされますが、解体して壊してしまえば家を作るのにかかったお金が無駄になります。しかし、中古の形で安く提供できればお客さん側もお得な買い物になる、会社側も経費を無駄にせずに済む双方のメリットがあるわけです。

住宅展示場で行われるさまざまなイベントの内容

住宅展示場では、あらゆるハウスメーカーのモデルハウスを一度に見学することができますが、主催者側はより多くの来場者に足を運んでもらうために週末を中心にさまざまなイベントを開催しています。
特に多いのが、住宅展示場に来るファミリー層をターゲットとした子供向けの魅力的な催しです。展示場内でクイズや謎解きができる催しや、大きなスライダーや遊具などを設置するなど、来場した子供たちを飽きさせないような工夫が施されています。そのほかにも、ライフプランナーを招いて資金計画セミナーを行ったり、一級建築士による見学ポイントセミナーを行うなど、これから家を建てる人に役立つセミナーなども人気です。さらに、グッズや景品などを配布したり、抽選会を行うなど多くの催しがありますが、イベントが行われる日は来場者が増えて混雑することもあるので、週末などに住宅展示場に行く前には、必ず電話かホームページなどで事前予約をしておくようにしましょう。

住宅展示場の内部について詳しく解説します

住宅展示場とは、住宅メーカーやハウスメーカーが建てた実際の住宅を公開し、来場者に実際に見て、触れて、体験できる場所です。一般的に建築家やデザイナーが設計した住宅を再現しており様々な種類の住宅が展示されています。
内部には、主にリビング、ダイニング、キッチン、ベッドルーム、バスルーム、トイレなど一般的な居住スペースが再現されており、設備やインテリアなどは一般的な住宅と同様に設置されております。また、断熱材や窓など住宅の性能面も実際の住宅と同じな作りとなっています。
来場者は実際に住宅を体験することができます。リビングルームでくつろいだり、キッチンで調理をしたり、ベッドルームで寝転んだりと住宅の機能や性能を直接体験できます。さらに、各住宅のスペックや機能性について住宅メーカーや営業スタッフから直接説明を受けることも可能です。
新しい住宅のトレンドや最新技術などが取り入れられていることが多く、来場者は最新の住宅情報を収集することもできます。住宅展示場は自由に見学ができ自分たちのライフスタイルや予算に合わせた住宅選びができる点も魅力の一つです。

注文住宅が高いなら住宅展示場で値引き交渉をしよう

注文住宅を建てたいけど、建売住宅より金額が高いのでもう少し安くならないかなと考えている方が多いのではないでしょうか。そんな悩みを持っているのであれば、住宅展示場に行って交渉をすることをおすすめします。
注文住宅が値引きできることを知らない人が多い傾向ですが、値引きは可能です。どのくらい金額を下げることができるのかというと、数十万から100万円程度で、上手くいけばもっと下げられることもできます。ただし、あまりにも無理な交渉をしてはいけません。無理に値引きを行ってしまうと、材料の質を落としたり、工期を短くしたりする恐れがあるからです。値引き率の相場は、工務店が3%、ハウスメーカーが3~8%といわれています。なぜ工務店はあまり高くないかというと、見積もりの数字が現実に近い値段にすることが多いからです。またハウスメーカーの値引き率も、会社によってそれぞれ異なります。住宅展示場で金額の話し合いを行う際には、適切な落としどころをよく吟味することが大切です。

会場まで出向かずに見学ができるバーチャル住宅展示場

注文住宅の情報を色々集めた段階で、住宅展示場にでかけることでそこにあるモデルハウスが大きく手も違和感を感じなくなる、いきなり出かけると自分たちが作る家とあまりにもスケールが大きすぎて圧倒されてしまって本来の見学の目的を見失ってしまうなど、情報収集はとても重要な作業です。
以前は、予約などをせずに都合が良いときに住宅展示場に出掛けてモデルハウスの見学ができましたが、コロナ渦の影響で予約制になっていることもあるので公式サイトを利用して調べることをおすすめします。また、最近の住宅展示場はバーチャルを利用したモデルハウス見学が可能です。しかも、特別なツールなどがなくても普段使っているパソコンやスマートフォンにタブレットなど、サイトにアクセスして玄関から内部を自由にバーチャル空間でのモデルハウス見学が可能です。詳細部分が見たいときは拡大表示にしたり、部屋の中で色々な角度で見ることができます。もちろん、このようなサービスを利用してから実物を見に行くのもおすすめのやり方です。

新着情報

◎2023/3/16

情報を追加しました。


>住宅展示場のモデルハウスは中古で販売されることもある
>住宅展示場で行われるさまざまなイベントの内容
>住宅展示場の内部について詳しく解説します
>注文住宅が高いなら住宅展示場で値引き交渉をしよう
>会場まで出向かずに見学ができるバーチャル住宅展示場

◎2021/11/30

サイトを公開しました